会社案内こだわり商品案内オンラインショッピング社員ブログよくあるご質問お問合せHome
HOME > 宮崎県干したくあん・漬物研究会
「宮崎県干したくあん・漬物研究会」は、宮崎県産の干したくあんの地域ブランド化をめざして、県内10社の製造業者と宮崎県食品開発センターが協力して平成19年6月にスタートしました。宮崎県産干したくあんの美味しさや機能性を再発掘し、消費者の皆様へ広くお知らせしてまいります。


平成19年、「宮崎県干したくあん・漬物研究会」は会員10社の※下漬干したくあんの※成分分析を行いました。
その結果、GABA(ギャバ)が平均で約120mg (94.1mg~174.7mg) /100g、生大根に比べて約88倍と豊富に含まれていました。GABAは正式名称をγ-アミノ酪酸といい、アミノ酸の一種です。また、食物繊維は平均で約6.5g (4.7g~8.1g) / 100g含まれており、生大根に比べて約4.6倍含まれていました。今後も製品の成分分析を含めた研究を続け、干したくあんの機能性を明らかにしながら、よりよい製品づくりに生かしていきたいと思います。

※1 : 下漬けたくあん : 干し大根を塩、米ぬかなどで漬け込んだもので、一定の期間下漬けした後、調味して製品にします。
※2 : 分析 : 宮崎県食品開発センター

会社案内 / こだわり / 商品案内 / オンラインショッピング / 社員ブログ / よくあるご質問 / お問合せ / HOME
Copyright© Michimoto Foods Products Co., Ltd All Rights Reserved